アフターケアについて

術後の検診

レーシックなどの手術による視力矯正は、一度受けてそれでオシマイというものではありません。その後もいろいろと必要になることがあります。もちろん、視力矯正については、眼鏡を使っている人もコンタクトを使っている人も、事情は変わりません。最初の眼鏡を買って、そのまま度を変えずに一生を過ごしていく人はなかなかいないでしょう。いつか、眼鏡を新調しなければならないときがくるはずです。
ただし、眼鏡を換えなければならないのは人が成長するにつれて視力の低下が進むという事情があるからですが、レーシックやフェイキックIOLの場合のアフターケアは、それとは無関係なものです。これらの視力矯正の場合に必要となるアフターケアは、純粋な術後のケアです。たとえば、手術が不首尾に終わらないという保証は、厳密に言えばどこにもありません。術後、状態が安定するまでに何度か検診を受ける必要があるのです。
目安としては、視力矯正の手術をした翌日、少し間を置いて1週間後、さらに間を置いて3ヶ月ほど後、というのが一般的です。そうやって、ちゃんと視力矯正がなされたのか、あとから駄目になることはないか、診てもらうことが出来るのです。

保証制度

クリニックによっては、視力矯正の手術に保証制度を取り入れ、何かのアクシデントがあった場合には再手術をやってくれるというところがあります。電子機器の保証書の有効期限内はタダで修理してくれるのと同じように、再手術もタダで受けることが出来て便利です。なので、もし見え方にちょっとした不安があるとか、明らかに視力がまた下がったとか、そういうことがあった場合には、手術を受けたクリニックに、診てもらいに行きましょう。