信頼できるクリニックへ

見るべきところ

視力矯正の手術は眼科クリニックの仕事ですが、どの眼科クリニックで受けてもいいというわけではありません。信頼できるクリニックにお任せする必要があります。なぜなら、眼球というのは取り替え不可能なものだし、いったん抜けても入れ歯や差し歯で代用できるというようなものではないからです。しっかりと手術をしてくれるところに依頼するのが、何よりも大事なことであると言えるでしょう。
たとえば、視力矯正の手術として代表的なレーシックは、近年うまれた技術ですが、年を経るごとに進化しています。使われる機械も、手際よく行うための技術も、日進月歩で進化しているものなのです。この視力矯正に関しては、最先端こそが正義であるということになります。クリニックが使っている手術のための機械や、ドクターたちの修得している技術について、まずは確かめる必要があるのです。
また、単純に手術が上手いだけではなく、それに先立つ検査や、手術が終わったあとのアフターケアなどもしっかりしているところを選ばなければいけません。そのあたりをなおざりにされると、せっかくの視力矯正がパーになってしまいます。きめ細かなサービスを提供する眼科クリニックを、選び出しましょう。

眼科専門医

たとえば、「眼科専門医」という目を扱うドクターの中でもプロ中のプロであるという認定がなされているドクターがいるクリニックに行くこと。
これは、クリニック選びのための指標のひとつとなるでしょう。眼科専門医という称号は5年ごとの試験をパスし続けている優秀なドクターに与えられるものです。かなり控えめに表現しても「スゴ腕」のドクターであることは間違いないでしょう。そういう人が執刀してくれるクリニックへ行けば、まず間違いなく希望通りの視力矯正が可能となるはずです。
せっかく裸眼の視力矯正がかなうのですから、確認の上にも確認を怠らず、「完璧なクリニックだ」と思えるところで、おまかせしましょう。