視力矯正の料金

自由診療

視力矯正の治療の中でも、レーシックやフェイキックIOL、老眼を治療するリーディングアイなどは「自由診療」で行われるものとされています。
自由診療の「自由」とは、この場合は眼科クリニックに与えられている自由のことで、眼科クリニックはクリニックごとに自由に料金を設定することが出来るのです。レーシックのための機器にもそれなりのコストがかかっているでしょうし、技術費や人件費などのことも考えると、これらの手術で視力矯正をするためには多少、料金がかかってしまうのは仕方のないことだと言えるでしょう。
とはいえ、それだけで片づけられる話でもありません。
「すぐにでも視力矯正をしたいけれど、急には全額用意できない」という人も多いだろうからです。そんな人はどうすればいいのでしょうか。

支払いの仕方

レーシックやフェイキックIOL、リーディングアイなどの視力矯正のための料金は、一括で払わなければならないと決まっているわけではありません。これもまた眼科クリニックの「自由」の裁量内の話ではありますが、多くのクリニックが、分割払いなどの支払い方法を提示してくれます。ショッピングローンなどを利用して、「月賦で視力矯正をする」というやり方を選べるのです。また、医療保険に加入している人は、保険会社に問い合わせてみるのもいいでしょう。医療保険の中には、レーシックなどを保障の対象内に含んでいるというものもあります。レーシックでの視力矯正を考えて、医療保険の見直しをすることも、考えるべきなのです。