レーシックのやり方

屈折矯正

視力矯正のうち、世界のセレブリティや有名スポーツ選手がこぞって受けていることから知名度をアップさせたのが、レーシック手術というものです。視力が低下してしまった眼球を直接手術することによって、見える世界を再び鮮明なものにしようというのが、その目的です。具体的には、レーシック手術の視力矯正は「屈折矯正」という作業を中心に行われます。光の屈折によって物を見てそのピントを合わせている私たちの目の、その屈折の度合いを調整するのが、レーシックの視力矯正なのです。
人の眼球は、網膜と呼ばれるスクリーンに、角膜から入ってきた情報が水晶体によってピントを合わせて映しだされ、それが脳に送られることで「見る」という行為をおこなっています。正常の視力を成り立たせるために重要なのは、物の姿を捉えそのピントを合わせる角膜と水晶体のコンビネーションにかかっていますが、そのうち角膜が、何かの理由で不調をきたしてしまうことがあります。光の屈折の角度がくるい、それによって水晶体が上手くピントを合わせられなくなって、視力矯正の必要性が生まれるのです。

手軽な手術

レーシックは、すべての元凶となっている角膜のくるいを治し、それによって視力矯正をおこないます。
光の屈折角度を理想的なものにするために、レーザーを当てて修正するというのが中心的な作業です。
この作業のことをさして、「屈折矯正」と呼ぶわけです。レーザーの技術、そしてそれをミリ単位のくるいもなく照射するための装置が開発されなければ、もちろんこの視力矯正の手術は完成しませんでした。今は、眼球を構成するその他の物に一切影響を与えず角膜だけに効くレーザーと、それを照射する技術がほとんど完璧に確立されています。
レーザーを当ててすぐに終了し、入院なども必要なく、後日検診の必要はあるにせよ、その日のうちに家に帰ることが出来るという手軽さを実現しています。