フェイキックIOL

新時代のコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、視力矯正の方法としては「眼鏡をかけなくてもいい」というのが最大の売りでした。眼鏡は似合わないとか、どうしても慣れないとか、眼鏡ファッションは好みでないとか、いろいろな理由を持っている人がコンタクトレンズを選択します。が、逆に、眼鏡を着けている人のなかにも、コンタクトが苦手だとか、お手入れがいささか面倒だとか、いろいろな理由を持っている人がいたのです。つまり、どちらかを選ばなければ視力矯正をすることが出来ないのであれば、何かを我慢しなければならないという状況があったのです。
最近流行っている、裸眼に直接ほどこすことで視力矯正を可能とする手術は、何に対しても我慢しなくて良いという点がウケているのです。
特に、ここでは「新時代のコンタクトレンズ」とも言えるフェイキックIOLについて取り上げましょう。

安全な手術

フェイキックIOLは、眼球の上からレンズをかぶせて物を見えやすくしたコンタクトレンズに対して、人工的に作り出したレンズを眼球の一部として取り付け、それによって視力矯正をおこなうというものです。つけたり外したりする手間を、永遠になくすことが出来る、そういうコンタクトレンズを着ける視力矯正が、フェイキックIOLなのだと言っていいでしょう。
具体的には、フェイキックIOLは、レンズを角膜と水晶体の間にはめこんで、物の像を受け取りピントを合わせる補助を行わしめるという方法です。
都合のいいことに、眼球には水晶体の縁をぐるりとかこんでかぶさっている虹彩という部分があって、その下にレンズをはめ込むことによって、固定できるようになっているのです。
レンズとは言っても、フェイキックIOLで使われるレンズはやわらかく、柔軟性があるので、眼球自体に負担をかけることがありません。
安全で、生涯つけていても何の問題もない、そんな特別なレンズなのです。